事例
40~50代 男性 2014/12/01

【肛門がん】人工肛門を回避。生活の質を保つことができました。

事例の概要

【新たな治療法の選択肢が見つかった】
病名:肛門がん
利用者:48歳 男性
サービス:T-PECセカンドオピニオンサービス

サービス利用前

お客さまは肛門がんの診断を受け、手術による治療をすすめられ、さらに、人工肛門が必要と言われていました。

サービス利用後

放射線による治療もあることがわかり、人工肛門を避けることができました。

お客さまの声「人工肛門を避けることができ、生活の質を保たれていることが何よりです。」

以前から肛門の出血があり痔だろうと思ってしばらく放置していました。しかし、さす・・・