事例
40~50代 男性 2016/10/01

【胃がん】内視鏡手術により、早々に社会復帰できました

事例の概要

【新たな治療法の選択肢が見つかった】
病名:胃がん
利用者:40歳 男性
サービス:T-PECセカンドオピニオン手配サービス

サービス利用前

お客さまは、検診で胃内視鏡検査を行ったところ、胃の粘膜にがんがあると診断されました。主治医からは開腹手術をすすめられ、1カ月程度仕事を休む必要があると言われていました。

サービス利用後

総合相談医との面談後、優秀専門臨床医のもとで内視鏡による手術を受け、早期に仕事復帰することができました。

お客さまの声「身体の負担が少ない内視鏡による手術により、早々・・・